経営アドバイス・コーナー
竹内久明税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会左京支部所属
お気軽にお問合せください。
竹内久明税理士事務所
TEL:075-585-6400
hi-takeuchi@tkcnf.or.jp

FXクラウドシリーズ

FXクラウドシリーズの特長

特長1 社長の戦略的な意思決定を強力にサポート

「会計で会社を強くする」機能を搭載

> 詳細はこちら 

特長2会計事務所から安心のサポート

「中期経営計画」の策定や同業他社との比較が可能に

> 詳細はこちら 

特長3金融機関との信頼関係の構築をサポート

「資金調達力」を高める機能を搭載

> 詳細はこちら 

特長4経理事務の省力化をサポート

経営者・経理担当者をラクにする機能を搭載

> 詳細はこちら 

特長5安全・安心・便利なシステム運用をサポート

最高度のセキュリティー体制を備えたクラウド環境

> 詳細はこちら 



企業規模に応じたラインアップをご⽤意しています!

> 詳細はこちら


 

社長の戦略的な意思決定を強力にサポート

「会計で会社を強くする」機能を搭載

いつでも最新の全社業績を3秒以内に確認できます。
会社を強くするポイントは、限界利益(粗利)を高め、適正な労働分配率を確保し、自己資本比率を高めること。
さらに部門別・得意先別に業績を確認すれば、会社はもっと強くなります。

365日変動損益計算書

自社に必要な利益・売上がズバリとわかる

365日変動損益計算書

365日変動損益計算書は、経営者の業績管理のための損益計算書です。
通常の損益計算書と異なり、変動費と固定費に区分されるため、売上高に応じた限界利益(粗利)が明確になります。これにより、経営者の感覚にフィットする限界利益の管理が可能になります。

部門別業績管理

自社の業績を「見える化」できる

部門別業績管理

企業の組織体系に合わせて、部門ごとの「売上高」「限界利益」「固定費」「経常利益」等の状況を、タイムリーに把握できます。
「どの部門が稼いでいるのか?」「どの地域の収益性が高いのか?」など様々な切り口で貴社の業績を管理できます。
※FXまいスタークラウドでは、部門別業績管理機能はご利用いただけません。

取引先データベース

取引先別の業績を管理できる

取引先データベース

取引先の売上順位やランク、取引額が減少傾向にある取引先を瞬時に確認できる新たな業績管理機能です。

※令和3年11月に搭載予定の機能です。


TKCの会計ソフトの活用企業の黒字割合(59%)は、

国税庁統計の黒字割合(34.7%)より抜群に高くなっています。

※1国税庁「平成30事務年度法人税等の申告(課税)事績の概要」より引用
※2FXシリーズとTKC継続MASシステムを使用し、「書面添付」を実施している企業を集計

当事務所から安心のサポート

「中期経営計画」の策定や同業他社との比較が可能に

経営計画(中期・短期経営計画)の策定を、当事務所が支援します。
毎月の巡回監査時に予算と実績の進捗状況を確認し、経営助言を受けられます。
同業種・同規模の平均事業者や優良企業との業績比較も可能となります。

当事務所による巡回監査

最新業績の把握を支援

当事務所による巡回監査

当事務所が貴社を毎月訪問(月次巡回監査)し、会計帳簿の適法性、正確性及び適時性を検証したうえで月次決算を行います。これにより自社の最新業績を毎月正確に把握し、正しい会計データに基づく業績改善の打ち手を検討できます。

貴社の経営力・資金調達能力を強化

経営改善・資金繰り対策を支援

貴社の経営力・資金調達能力を強化

当事務所は、貴社の経営力や財務基盤の強化のため、月次巡回監査を通じて、経営改善計画や資金繰り計画の策定を支援します。また、貴社の資金調達力の強化のため、経営者自身が自社の経営状況を的確に把握し、金融機関に説明できるようご支援します。

TKC経営指標(BAST)

24万社超の経営指標と自社業績を

比較

TKC経営指標(BAST)

中小企業24万社超、1,169種類、65分析項目を収録した、世界でも類例の無い経営指標です。
高い精度と速報性を持つ経営指標として、金融機関・税務当局などからも高く評価されています。
自社の現状分析や経営方針の検討にご活用いただけます。

> 詳しくはこちら

金融機関との信頼関係の構築をサポート

「資金調達力」を高める機能を搭載

決算書や試算表を金融機関にインターネット経由で送付できます。
適時に業績を開示することで、経営の透明性が高まり、金融機関との信頼関係を構築できます。
※試算表を送るタイミングは、月次・四半期・半期から選択できます。

新型コロナ対策の緊急資金繰りでは、「真正の会計数値」の開示が求められます

「真正の会計数値」を提供することにより、コロナウイルスの影響拡大に伴う融資審査においても、

迅速に融資を受けることができた等の事例がでてきています。

ポイント1 電子帳簿保存法への完全対応

TKC財務会計システムは

企業向け会計ソフトで初めて、電子帳簿ソフト法的要件認証を受けました。

電子帳簿ソフト法的要件認証(JIIMA)ロゴ

「電子帳簿ソフト法的要件認証」第1号認証を取得!

TKC財務会計システムは、電子帳簿保存法の法的要件を満たしたソフトとして、日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)から、国内第1号となる認証を受けています。
電子帳簿保存法のシステム要件を満たした会計ソフトとして、安心してご利用いただけます。
※認証ロゴは公益社団法人日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。


電子帳簿保存法では、削除・訂正履歴を残さない帳簿の修正が禁止されています。

このため、電子帳簿保存法の適用により、帳簿の信頼性を確保できます。

これにより、貴社の決算書に対する金融機関や税務当局からの信頼性が向上します。


一般のパソコン会計ソフトの場合



TKCの会計ソフトFXクラウドシリーズの場合


✕

1.過去データを改ざんされる恐れがある。
①いつでも過去の仕訳を修正・追加・削除できる。
②過去の月初科目残高をいつでも変更できる。
③データを改ざんしても一切痕跡が残らない。

○

1.過去データは一切変更できない。
①巡回監査終了後、全てのデータはロックされる。
②過去の誤認は、発見した時点で修正仕訳を計上する。

✕

2.会計帳簿と決算書の一体性が証明されない。
①決算書だけで利益操作ができる。
②決算書が正しいか、元帳を精査する必要がある。
③会計帳簿が無くても決算書だけを単独作成できる。

○

2.会計帳簿と決算書の一体性が証明できる。
①決算書は会計帳簿と完全に一致している。
②株式会社TKCが発行する「記帳適時性証明書」でその事実を証明できる。

✕

3.いつ会計帳簿を作ったか確認できない。
①前月までの試算表はいつでも作れる。
②1年分まとめて会計帳簿を作ることができる。
③会計帳簿の作成日はわからない。

○

3.いつ会計帳簿を作ったか証明できる
①毎月の巡回監査と月次決算を前提としている。
②3ヶ月以上巡回監査が遅れるとシステムが停止する。
③株式会社TKCが発行する「記帳適時性証明書」が会計帳簿作成の適時性を証明してくれる。

FXクラウドシリーズは、消費税法等、会計システムで対応すべき法令に完全準拠しています。
消費税の仕入税額控除に必要な記帳要件(消費税法第30条)を満たした会計帳簿を作成できます。

ポイント2 記帳適時性証明書の発行

記帳適時性証明書の発行

当事務所が貴社の適正申告を支援し、株式会社TKCが当事務所に「記帳適時性証明書」を発行します。
当証明書は、第三者である株式会社TKCが、貴社の決算書が適時に記帳された会計帳簿に基づき作成され、当該決算書に基づき法人税申告書が作成され、かつ、電子申告された実績を証明します。
当証明書により貴社の会計帳簿・決算書に対する金融機関・税務当局からの信頼度が大幅に向上します。

ポイント3 金融機関に信頼性の高い決算書をタイムリーに提供

正確な決算書のスピーディーな提出で、資金調達力を強化

決算書の提出

当事務所が作成した月次試算表や年度決算書などの財務情報を、貴社からの依頼に基づいて、金融機関に電子データでタイムリーに提供できます。


TKCシステムで決算書・申告書ができるまで

なぜ信頼性の高い決算書・申告書が作成可能なのか?
TKCシステムで決算書・申告書ができるまでを動画でご紹介します。


TKCモニタリング情報サービスのメリットとは?

決算書

決算書や試算表をコピーしたり郵送する手間がなくなります!

融資

スピーディーなデータ提供で、融資審査が早まります!

信頼

信頼性の高い決算書は、金融機関からの評価を高めます!

経理事務の省力化をサポート

経営者・経理担当者をラクにする機能を搭載

金融機関からインターネットを利用して取引データを自動受信できる「銀行信販データ受信機能」、取引先を選択すると仕訳と摘要の候補を自動表示する「レシート入力方式」、「タブレットPOSレジからのデータ受信機能」により、仕訳計上の省力化を実現します。 

365日変動損益計算書

仕訳入力業務を大幅に省力化

銀行信販データ受信機能

複数の金融機関(銀行や信販会社)から、インターネットを利用して取引データを自動受信できます。
さらに、その取引データをもとに仕訳ルールの学習機能を利用して仕訳を“かんたん”に計上できます。

> 詳しくはこちら 

部門別業績管理

わずか3ステップで仕訳が完成!

レシート入力方式

「レシート入力方式」では、取引先を指定すると、過去の取引履歴を参照し、仕訳(貸借科目)と摘要の候補を自動表示します。
①取引先の選択、②過去仕訳の摘要を選択、③日付、金額等の補記の3ステップで仕訳が完成します。

取引先データベース

売上仕訳の入力業務を大幅に省力化

タブレットPOSレジからのデータ受信機能

タブレットPOSレジとの連携により、日々の売上を手間なく集計し、その集計した売上データをFXクラウドシリーズに取り込むことで、売上仕訳の入力業務を省力化できます。
※対応しているタブレットPOSレジ:ユビレジ、Airレジ、スマレジ


銀行信販データ受信機能のご紹介

毎日の経理事務を省力化!その理由を動画でご紹介します。

安全・安心・便利なシステム運用をサポート

最高度のセキュリティー体制を備えたクラウド環境

FXクラウドシリーズは、最高度のセキュリティー体制を備えたTKCのデータセンターを利用して提供します。
TKC社員が、24時間365日有人による常駐監視等を実施し、厳格な管理基準に則って、貴社の大切なデータをお預かりします。

安全

最新技術を駆使し、災害等への備えも万全
堅ろうでセキュアな環境

安心

国内法に準拠した厳格な個人情報管理体制の下
TKC社員がデータを保護

便利

自社データセンターだからこそできる
万全なサポートと高付加価値サービスの提供

TKCデータセンター(TISC)のご紹介

平成15年10月の開設以来、TKCでは、当事務所とその関与先企業、地方公共団体、中堅・大企業が、安全かつ安心なICT環境で情報システムを利用し、万一の事態にも業務を維持・継続させることができるようTISCを運営しています。

その最大の特長は、災害に強い堅牢な建物や最高度の情報セキュリティ対策などインフラ面の整備に加え、TKC社員が24時間365日サービスの稼働状況を監視するなど運用面でも万全な体制をとっていることです。このTISCを拠点として、“ 安全・安心・便利”なクラウドサービスを提供しています。

認証取得への取り組み

TKCデータセンター(TISC)では、お客さまが業務を委託される際に客観的な評価ができるよう、ISOなどの標準規格の認証を取得しています。

  1. ISO/IEC27001:情報セキュリティマネジメントシステム認証
  2. ISO/IEC27017:ISMSクラウドセキュリティ認証
  3. ISO/IEC27018:パブリッククラウド環境における個人情報保護認証

TKCデータセンター(TISC)

TKCの会計ソフト「FXクラウドシリーズ」のラインアップ

企業規模に応じたラインアップをご⽤意しています。

FXクラウドシリーズラインアップ

貴社に最適なFXクラウドシリーズをご提案します。-こんな企業の方におすすめです-

FXまいスタークラウド

  • 専任の経理担当者がいなくても、会計事務所の支援を受けながら経理事務を手間なく分かりやすく行いたい。

FX2クラウド

  • 社長が部門ごとの業績を管理したい。
  • 経理や給与計算の業務を手分けして行いたい。


FX4クラウド

  • 部門責任者に業績責任を持たせたい。
  • 株式上場(IPO)を視野に入れている(内部統制/牽制※)。
  • 販売管理システム等の業務システムとのデータ連係を強化したい。

※FX4クラウドは、内部統制等への対応が求められる上場企業でもご利用いただけます。また、「受託業務に係る内部統制の保証報告書」(86号報告書)を無償で提供します。

動作環境

対応OSMicrosoft Windows 8.1/10
Mac OS(最新バージョンを含めた3世代)
ブラウザGoogle Chrome(最新版)、Microsoft Edge(最新版)
画面解像度1280×768以上
通信環境快適にご利用いただくため、20Mbps以上の回線速度を推奨します。

※「FXまいスタークラウド」「FX2クラウド」の動作環境です。「FX4クラウド」の動作環境は、FX4クラウド製品ページをご確認ください。
※Google Chrome、 Microsoft Edgeがインストールされていれば、既定のブラウザにしていなくても、ご利用いただけます。



まずは、お気軽に当事務所にご相談ください!